挨拶で印象が第一印象が決まる

スポンサーリンク

挨拶は人と人が接する上で最も最初に行う行為です。

 

そして、この挨拶が相手の印象を決定付けます。

 

お見合いでは結婚相手になるかもしれない相手と出会うわけですから、最初の挨拶には特に気を配るようにしましょう。

 

挨拶が上手くできないだけで悪い印象を持たれてしまったら損です。


過剰な挨拶は必要ありませんが、お見合いにおいては悪い印象を与えないことだけは意識するようにしてください。

 

偉そうな態度は御法度です。

 

あまりにもへりくだった挨拶も避けた方がいいでしょう。

 

そして言葉をハッキリと発さないのもお見合いの挨拶としては不合格です。

 

大体この三つを意識していれば、そこまでおかしな挨拶にはならないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

お見合いでは、まず自己紹介をします。

 

男性が自己紹介をした後に女性が自己紹介をし、そこで初めて相手を確認できたことになります。

 

名前を言った後に『今日は宜しくお願い致します』程度でいいので挨拶しておきましょう。

 

二人きりのお見合いで街のカフェなどで待ち合わせをしている場合は、待ち合わせまでの道のりを簡単に労う言葉をかけてもいいのではないでしょうか。

 

それによって気が遣える人だという印象を与えることができます。

 

特に男性は女性に対して、感謝などの言葉を常に忘れないようにしましょう。


挨拶で相手に良い印象を与えておけば、お見合いの半分くらいは成功したも同然です。

 

もちろんお見合いの内容自体も大事ですが、挨拶の件で良い印象を与えるとその後の会話で極端に悪い印象を与えることは非常に少ないと言えるのです。

 

それだけ初対面の最初の段階が重要になってくるので、挨拶は丁寧に行うように心がけるようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加