会話は自分ばかり話さず、相手の話も上手く聞き出す

スポンサーリンク

会話はバランスです。

 

お見合いの時の会話はバランスを間違えると一方は楽しくても一方はあまり面白くなかったという印象を持つことになってしまうので、気を付けるようにしてください。

 

お見合い時の会話において、心がけて欲しいのは、自分ばかり話すのではなく、相手の話も聞き出すということ。これがバランスよくできなくてはならないのです。


自分のことばかり話さないように意識すると何にも話せなくなってしまうかもしれません。

 

男性は特に会話をリードすることも考えつつ、しかし自分ばかり話さないように注意を払いながらお見合いを進めていってください。

 

女性も話好きな人が多いと思いますが、自分ばかり話をするのではなく、話を聞くことにも力を注ぐようにしましょう。

 

それと同時に相手の話も上手く聞き出さなければならないのですが、これも強く意識し過ぎると質問ばかりしてしまうので気を付けなければなりません。


質問を投げかけるのは構いませんが、矢継ぎ早に質問を飛ばすのは、お見合いではやってはいけないこととされているので、男女共に注意するようにしましょう。

 

適度な量の質問をして、その中から相手の話を上手く聞き出さなければならないのです。

 

慣れていない人が初対面の人に対して、しかもお見合いという場でこういったテクニックを遣うのは決して簡単ではないかもしれませんが、会話は自然さを心がければまず問題ないと言えるでしょう。


バランスさえ気にしていれば大きな失敗をすることはないはずです。

 

お見合いは会話のバランスが大事、ということを覚えておいてください。話すところは話す、聞くところは聞くというメリハリを付けると共に、相手が話しやすい雰囲気を作ることも心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加