指定された場所によって着る服は調整する

スポンサーリンク

お見合いでは身だしなみが成功と失敗を分ける場合がありますから、非常に気を遣いながら着ていく洋服などを選んで欲しいのです。

 

ですが、どんな勝負服であっても着ていく場所が、その洋服とマッチしていなければ意味がありません。

 

お見合いには必ず一張羅を着ていくという考え方ではなく、場所によって切る洋服を調製するようにしましょう。


お見合いでは、多くがスーツで望むと思います。

 

女性はスーツとまではいかなくても派手過ぎず、しかしカジュアルになりすぎない格好で望むこともあるでしょう。

 

その格好であれば、大抵どの場所でも大丈夫だとは思いますが、例えば比較的カジュアルなカフェで待ち合わせを行った場合、あまり気取った服装ですと浮いてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

カジュアルな雰囲気でお見合いをする場合にはカジュアル過ぎる格好はいけませんが、少しラフな場所でも耐えうるような格好で出向いた方がいいでしょう。

 

そういった場所でのお見合いには、さすがに着物は似合いません。

 

日本庭園が望めるような場所であれば着物を着てお見合いに臨むこともあるとは思いますが、街中で会うにはやはり着物は不釣り合いなので避けるようにした方がいいでしょう。


お見合いとは言っても例えば映画を観るなどの予定がある場合には、動きやすい格好を選ぶべきではないでしょうか。

 

女性であればヒールも少し低めのものを履き、移動しやすい格好で行くと男性も過剰に気を遣わずに済みます。

 

男性もあまりにも堅い格好をしてしまうと街中で目立ってしまうので、お見合いは待ち合わせの場所などによって着ていく服を調整するようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加