理想は時には妥協が必要

スポンサーリンク

お見合いをする時には、相手にそれなりに理想を掲げて会うことになると思います。

 

見た目は事前に写真で貰って確認している場合もあるかもしれませんが、その他の性格や収入などに関して、かなり期待してお見合いに臨む人もいるでしょう。

 

そして、実際にお見合いを行った時に目の前に現れた相手が自分の思い描いていた理想とは少しズレているということもあるかもしれません。


そんな時でも一度きりの対面で終わることがないようにした方が、いいのではないでしょうか。

 

お見合いの席であまりにも印象が悪かったり、生理的に受け付けないタイプであれば、無理に何度も会う必要はありません。

 

ですが、ただ理想とズレていただけであるならば、そして相手が望むのであれば何度か食事をしたり会ったりしてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

人は何度か会って、長い時間一緒にいなければ本当のところはわかりません。

 

理想とは違う相手だとお見合い当初は思ったかもしれませんが、何度も会うことで少しずつ惹かれていくこともあるでしょう。

 

そもそも結婚を遠ざけているのが、理想が高過ぎることに原因があるのだとすれば、やはり相手に対しての理想を多少は妥協することも考えなければならないのではないでしょうか。


絶対に譲れない部分はしょうがありません。

 

しかし、お見合いできる内はいいですが、これからどんどんお見合いをする機会すら無くなってしまうかもしれないと考えると、やはり多少は妥協も必要になることがあるでしょう。

 

お見合いで知り合った人を自分の理想と照らし合わせるのではなく、その人がどういった人なのかをよく見極めた上で判断してみてください。

 

お付き合いしてみれば実は結婚相手としては最高の相手なのかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加