顔が明るく見える色の洋服を選びましょう

スポンサーリンク

顔の印象は洋服で変わります。

 

もっと言うと洋服の色を工夫するだけで、人としての印象を変えることができてしまうのです。

 

お見合いの時に、好きな洋服を着るのではなく、できるだけ顔や表情が明るく見える洋服をチョイスするようにしましょう。

 

それだけでお見合い相手に与える印象は確実に変わりますし、常に柔らかい表情を意識することもできるのではないでしょうか。


顔が明るく見えるものは、基本的には明るい色の洋服です。

 

明るい色の洋服を身に纏えば明るい印象と共に穏やかさも演出することができるでしょう。

 

普段暗い色の洋服ばかりをチョイスして着ている人は、お見合いの時だけは明るい色の洋服を選んでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

黒や紺のスーツが必ずしもダメというわけではありませんが、やはりお見合いでは堅いイメージを与えてしまうことになると思います。

 

その分、例えば男性であればネクタイやシャツなどで明るい印象にすることはできますが、全体的に明るい色で自分自身を囲んだ方が、明るい人という印象をお見合い相手に与えることができるでしょう。


洋服を選ぶ時はただ明るい色を選択するというよりも、個人個人に合った色、つまりパーソナルカラーを意識して洋服を選ぶようにするとベストです。

 

人それぞれ、肌の色が異なります。

 

微妙なものなのですが、その微妙な色の変化で似合う洋服やお化粧が変わってくるものなのです。

 

それをパーソナルカラーと呼び、少し勉強することで自分にマッチした色を知ることができるので、お見合いを絶対に成功させたいと考えている人はパーソナルカラーについて調べてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加