服装は派手すぎると逆効果になる

スポンサーリンク

相手に自分を印象づけたいと思うのはわかります。

 

特にお見合いの場ではそういう考えが頭の中でいっぱいになることも当然でしょう。

 

しかし、それを服装に頼るのはやめた方がいいのではないでしょうか。

 

派手な洋服は相手にあまり良い印象を与えない場合が多いでしょう。

 

印象づけるためにした服装であってもお見合いにおいては、逆効果になってしまう可能性が非常に高いので自重するように心がけてください。


派手だと感じる感覚は人によって違います。

 

ですが、お見合いをする時にはできるだけ一般的な感覚を大切にするようにしましょう。

 

例えば、赤い洋服です。

 

男性でお見合いに赤いスーツで訪れる人はいないとは思いますが、女性であっても赤い洋服はお見合いには少し派手過ぎるので避けるようにしてください。

 

他の色も同様です。

 

原色の洋服や色々な色が入っている洋服は、派手だという印象をお見合い相手に与えてしまうので着ていかない方がいいでしょう。

スポンサーリンク

男性は黒やグレーなど落ち着いた色のスーツがいいです。

 

女性はあまり暗い色だとそのまま暗い女性だと思われてしまうので、白やそれに近い色がいいのではないでしょうか。

 

男性の場合はネクタイなどで少し華やかさを出した方がいいですが、スーツが地味でもネクタイが派手過ぎると女性に与える印象は、必ずしも良いとは限らないので、やはり控えましょう。


女性は派手なアクセサリーにも気を付けてください。

 

お見合いの時には、ネックレスは細くてトップが小さい物を選ぶといいでしょう。

 

ピアスやイヤリングなども控え目な物をチョイスしてください。

 

男性は時計にハマっている人も多いですが、あまり高価でギラギラした時計は控えましょう。

 

清潔感は保ちながら、しかし質素な素朴なイメージのある服装を選ぶとお見合いでは相手に良い印象を与えられるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加