会話は人の批判や無理に同意を求めてはダメ

スポンサーリンク

お見合いの最中の会話には注意点が幾つもあるのですが、その中に『人の批判をしてはいけない』というものがあります。

 

人としてできるだけ避けなければならない行為なのですが、しかし人は人の批判をして自分を正当化するという悲しい習性を持っている生き物でもあります。

 

心の中で人を批判することはあっても、それをお見合い中に口に出してしまうことだけは避けましょう。


人の批判や悪口を聞いて良い気分がする人もいないわけではありませんが、お見合いの席では少なくともそういった人はいないでしょう。

 

未来の結婚相手を探す場がお見合いです。そんなところで人の批判をしてしまうような人は結婚相手としては選ばれないのではないでしょうか。

 

お見合い相手の批判はもちろんですが、友人や仕事相手、過去の恋人なども含めて、何人たりとも批判するのはやめるべきです。

スポンサーリンク

さらに、お見合い中は相手に無理に同意を求める行為もやめましょう。

 

話していることに共感して欲しいという気持ちはわかりますが、それを相手に強制してはいけません。

 

お見合いの最中の会話はあくまでも自由度を保ち、相手に答えを求めたり同意することを求めてはいけないのです。

 

そういった態度はお付き合いを始めた後や結婚後に必ず弊害を生むと相手に思わせてしまうことにもなるので、例えお見合い相手の反応が弱かったとしても無理矢理返事を貰おうとするのはやめるようにしてください。


お見合いの時は、何よりも相手の考えている事や話していることを尊重することが大切です。

 

意見や考え方が違うのは人間であれば仕方ありません。

 

お見合い相手とそういった相違があっても何ら不思議なことではなく、そしてそれは決して関係を悪化することには繋がらないので、お見合いをしている最中は少なくとも相手に合わせ、そして批判等を決してしないように心がけましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加