出来るだけいつもの自分を見せる努力をする

スポンサーリンク

『本当のあなたはどこにありますか?』

 

お見合いでは、恐らくみんながお見合い相手に対して、こういった質問を心の中でしていると思います。

 

敢えて意識しなくても結婚相手になるかどうかを見極める為に、顔を合わせているわけですから、必然的にこういった目で相手のことを見る事になるでしょう。


それに明確に応えなければなりません。

 

つまり、お見合いの席ではいつもの【本当の自分】を見せることを心がけなければならないのです。

 

『本当の自分なんて自分でもわからない』という哲学的なお話は必要ありません。

 

そういった難しいことではなく、いつもの自分を見せればいいだけの話です。

スポンサーリンク

友達といるような自分でお見合いに臨むのは難しいでしょう。

 

何年もお付き合いをした恋人と一緒にいるようにお見合いの席で振る舞うのも難しいかもしれません。

 

そこまでフランクな態度でお見合いに臨む必要はありませんが、言葉遣いは丁寧なままで、自分の私生活や物事に対する思いや考え方を示す必要があるのです。

 

隠し事をするのは避けましょう。

 

相手に質問をされたら、できるだけそれに真摯に答えることが求められます。

 

お見合いは合コンなどと違い、相手のことを知るという事を目的として設けられているわけですから、質問されたら隠さずにありのままの自分を知ってもらえるように努力をしましょう。


ある物事に対する意見や考え方で世間とは違う考えを持っていても嫌われることを恐れずに相手に伝える必要があるのではないでしょうか。

 

お見合い初日で、そこまでコアな話をしなければならない場面があるかどうかはわかりませんが、相手が積極的でどうしても確認しておきたい価値観などがあれば質問されたり話題に出されたりすることもあるでしょう。

 

そんな時も包み隠さず、いつもの自分を相手に見せ、その上でお付き合いをしてくれるかどうかの判断を仰ぐようにしましょう。

 

お見合いでは自分を見せる努力も必要なのです。

 

お互いに自分を見せ合って、結婚相手として適しているかを判断する場がお見合いであると考えておいてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加