プロフィール等は直筆の方が印象が良い

スポンサーリンク

お見合いをするかもしれない相手にプロフィールを送る場合、可能であれば直筆で書くようにしましょう。

 

字はその人の人柄を表す場合があります。

 

あまりにも字が汚くコンプレックスになるほどの字しか書けない場合は、直筆ではなくコンピューターで打ち込んでも良いとは思います。

 

ですが、特別綺麗ではなくても普通に誰でも読める程度の字が書けるのであれば、直筆でお見合いプロフィールを書き相手に送ってみましょう。


直筆でお見合い用のプロフィールを書くことで、まずは気持ちが伝わります。

 

このお見合いに懸けているのだということがわかりますし、プロフィール自体にも信憑性が出てくるのではないでしょうか。

 

機械で打たれた文字はやはり冷たい気がしてしまうことがありますし、本当に本人が書いたのかどうか疑いたくなってしまうことも多々あります。

 

そこまで疑わしかったり、感受性が豊かな人も決して多くはありません。

 

しかし、直筆で書けばそういった人が相手の場合でも問題ありませんし、もしそういった人が相手ではなくても本気度は伝わるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

字に自信がない人は、少し練習するようにしてください。

 

字は工夫をすることで形を改善することができますし、丁寧に書こうとすることでその思いが字に乗っかります。

 

そうすると不思議と素敵な字になったりもするので、最初に何度か練習をし、気持ちを載せるように努力してみましょう。


お見合いのプロフィールを直筆で書けば、100%そのお見合いが上手くいくというわけではありませんが、できることはしておいてください。

 

相手に与える印象を良くする為には色々な努力をすることが必要です。

 

とても小さいことであまり効果がないように思えることにこそ力を注いでおくと、その気持ちを受け取ってくれる人が必ず現れますから、そういったことを意識してお見合いに臨むようにしてみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加