会話の内容で自慢話は避けましょう

スポンサーリンク

会話が弾んだとしても、してしまいがちなのが自慢話です。

 

女性よりも男性の方が多いでしょうか。

 

自慢話というのは、自己満足なだけであって聞かされている方は、ちっとも面白くない話です。

 

日頃から自分の武勇伝などを語ってしまうことがある人も多いと思いますが、お見合いの席では絶対に話題に出さないでください。

 

女性には悪い印象しか与えません。


自慢話はどんな内容であっても、お見合いでは避けるべきだと言えますが、その中でも特にしてはいけないのが随分と過去の話です。

 

学生のころの自慢話ほど聞いていて辛いものはないですし、耳を塞ぎたくなる話もありません。

 

お見合いの席で、例え女性が笑顔で聞いてくれていたとしても心の中では『やめてください』と思っているに違いないので、男性は事前に『自慢話は控えよう』と意識しておきましょう。

スポンサーリンク

仕事に誇りを持っていることを語るのは構いませんが、それも一歩間違えると自慢話に発展してしまうことがあるので気を付けた方がいいでしょう。

 

どのような成績を残したのかとか、上司に気に入られているですとか、どの程度の業績を残した会社で働いているですとか、確かに女性にとっては多少気になる話である場合もありますが、自慢話になってしまうとイタい人にしか思われません。

 

自分ひとりでその会社を背負っているような言い方をされても女性は困ってしまうのです。


自慢話をする人の多くは、話を誇張する傾向が強く、そして人はそのことをよく知っているものです。

 

お見合いの席で自慢話が続けば、『この人は自分に酔っているナルシストだ』と思われてしまい、信用すらされなくなってしまいます。

 

お見合いが成功する確率は随分と下がってしまうでしょう。

 

女性も油断は禁物です。

 

しゃべるのが好きな人は、時に自慢が出てしまうことがあるので、お見合いをする時には注意して会話をするようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加