会話中の言葉使いに気を付ける

スポンサーリンク

言葉遣いが乱れてきているとよく聞きます。

 

それは今に始まったことではないのですが、お見合いの席では言葉遣いには特に気を付けるようにしましょう。

 

恥ずかしい日本語を使わないことが重要です。

 

既にあまり誰も気にしないような言葉遣いであれば、話してしまっても問題はないのですが、乱暴な言葉やスラングのようなものには気を付けなければなりません。


友達と話す会話や既に恋人として何年も一緒にいるような言葉の使い方は避けるようにしましょう。

 

敬語が基本になります。

 

例え良い雰囲気になったとしても、お見合いの最中は必ず敬語で丁寧な言葉遣いを心がけるようにしてください。

 

語尾を伸ばしたり言葉を略したりするような言葉遣いも避けた方がいいでしょう。

 

こういった言葉の遣い方は、耳につくという人が非常に多くいます。

 

仲間内では何とも思われていないようなしゃべり方でもお見合いの席ではしてはならない言葉の使い方があるので気を付けましょう。

スポンサーリンク

日本語は言葉がとても特殊であり、人によって大きく使い分けることになります。

 

お見合いでは印象が大切になりますから、この日本語を丁寧に遣い、そして常識があると思わせることを意識してください。

 

言葉にはその人の内面が少なからず反映されます。

 

乱暴な言葉を使っている人は、どこか心にも乱暴な部分があるのではないでしょうか。


人は人と話している時にそれを直感的に感じることもあるので、印象が最も大事になるお見合いでは気を付ける必要があるのです。

 

お見合い中は、言葉を選んで口から出すようにしてください。

 

口は災いの元ですから、一度の失言や言葉遣いの悪さでお見合いが台無しになってしまうことがあると覚えておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加