携帯は必ずマナーモードにしておく

スポンサーリンク

大人であれば当然のことですが、お見合い中、携帯電話は必ずマナーモードにしておきましょう。

 

これがしていないというだけで大人としてのマナーを知らない人だとお見合い相手に思われてしまいます。

 

たまたま忘れただけであっても、お見合い中に携帯電話が大きな音で鳴り出せば、常に外で携帯電話の音を出している人なんだと必ず思われてしまい、その後いくら弁解してもマナー面についてのマイナス点を回復させるのは難しいでしょう。


お見合い中は、携帯電話の電源を切っておいた方がいいのかもしれません。

 

バイブレーションだけで、相手に電話が鳴っていることを気付かれてしまうでしょう。

 

電話が鳴ること自体は決して悪いことではないのですが、電話が鳴っているという事実があるだけで、その場に流れる雰囲気が変化する場合もあるのです。

スポンサーリンク

マナーとしてお見合い中は、携帯電話をマナーモードではなく切るべきと考える人がいても不思議ではないので、この際切っておいた方が無難でしょう。

 

お見合い直前ではなく、家を出る前にしっかりと操作しておくようにしてください。

 

基本的に、外で音を出さないのが大人のマナーです。


お見合いだからということではなく、日頃から携帯電話をマナーモードに設定しておくことを心がけておけば、お見合いの際に相手に迷惑をかけたり不快な思いをさせたり、またお見合いが破談になったりすることもないでしょう。

 

ちょっとした意識でお見合いの結果が変わってくる事を意識し、できることは全て行っておくようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加