会話は相手の目を見て笑顔で話しましょう

スポンサーリンク

お見合いは男性と女性が顔を合わせて話をする形が主流です。

 

今ではネットも普及してきましたから、もしかしたらネットの中だけで行うお見合いもあるかもしれません。

 

ですが、それは例外として考えると、やはり実際に会って話をすることで関係が始まると考えられます。


誰かと話をする時の基本は相手の目を見て話をすること。

 

これは社会に出れば、いえ、学生として生活している時から心がけて欲しいものなのです。

 

お見合いという大事な場においては、特に意識し実践しなければならないでしょう。

 

人の目をずっと見て話すという行為が苦手な人もいます。

 

それはそれで仕方ありません。

スポンサーリンク

誰かと目が合っているとプレッシャーを感じてしまうのは、人として当たり前の事ですから何も恥じることはないのです。

 

しかし、お見合いで相手の目を全く見ずに会話をすれば、それはそれで印象が良くありません。

 

少なくとも目を合わせている時間の方をより多く取るように意識して会話をしてください。

 

目をずっと見ているとプレッシャーを感じてしまうのであれば、時々目線を外しても構いません。

 

食べている料理に目をやったりすれば、自然に目線を外すことができるでしょう。


相手の目と目の間を見たり、鼻に目線を外すことも有効です。

 

これであれば相手にとっては大きく目線を外したと感じにくいですから、ずっと目を合わせて会話をしていると思わせる効果もあります。

 

お見合いでは相手の目を見て、そして笑顔を忘れずに話すことです。

 

自分にプラスの印象を抱いて欲しいのであれば、会話の時はこのことに気を付けてみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加