一方的にじゃべり過ぎないようにする

スポンサーリンク

お見合いを成り立たせるのは会話です。

 

会話のないお見合いなんてありませんし、相手のことをより知るためには会話をすることが絶対に欠かせないのです。

 

ですから、会話が途切れないように話題を振ったり、相手の質問に的確に答えたりすることが大事になってきますが、一方的にしゃべり過ぎないようにも注意しなければなりません。


お見合いの席で、どちらか一方が極端にしゃべり過ぎれば、黙っているもう一方はどのように思うのでしょうか。

 

話下手な人は、もしかしたら楽だと思ってくれるかもしれません。

 

相手がたくさんしゃべってくれるわけですから。

 

しかし、多くの人は恐らく『うるさい』と思ってしまうのではないでしょうか。

 

しゃべり方やトーンにもよりますが、一方的にしゃべる癖のある人はいかんせん、しゃべり方もスマートではないことが多く、相手に不快感を与えてしまうことが多々あるものです。

スポンサーリンク

人の話を聞くよりも自分がしゃべる方が好きだという人は、お見合いの時には意識的にしゃべる時間を減らし、相手にも話す間を与えてあげてください。

 

この心遣いひとつで会話の質が変わります。

 

相手のこともよくわかるようになりますし、まさに弾んだ会話をすることができるでしょう。


お見合い中は、相手がしっかりとしゃべっているかを気にしながら会話をするようにしなければなりません。

 

早口でしゃべらないように気を付け、そして時に疑問符をつけて相手の言葉も引き出すようにしましょう。

 

お見合いは自分のことを知ってもらうのと同時に相手のことを知る場でもあります。

 

しゃべるのが好きでも、聞き上手になることで相手に安心感を与えることもできるので、無言になるよりはマシです。

 

ですが、しゃべり過ぎには注意しバランスの良い会話を心がけてくださいね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加