お見合い写真は2・3枚用意しよう

スポンサーリンク

お見合いをしてくれそうな相手がいたら、写真を送ることになると思いますが、このお見合い写真は数枚用意しておくようにしましょう。

 

形式によっては1枚しか送れないこともあるかもしれませんが、それでも良く撮れたものを数枚用意しておくといざという時に使えるのではないでしょうか。

 

2〜3枚送れるようでしたら、送るようにしてください。


それで何が変わるのかと思うかもしれませんが、初めて見る人の顔というのは写真では意外とイメージが掴みにくいものです。

 

たった1枚の写真では本人と会った時に写真と実物とのギャップが大き過ぎて戸惑うということも無いとは言えません。

 

実際にお見合いをする前に数枚送っておけば、そのギャップを少しは埋めることができるでしょう。

スポンサーリンク

写真写りが悪いと自負している人なら、尚更複数枚送った方がお見合い写真の場合には効果があるのではないでしょうか。

 

お見合い写真は、それを見て会う会わないを決定されてしまう重要な存在です。

 

例え1枚しか送れないとしても、複数枚用意しておき、時と場合によって使い分けることができれば会うところまでは持っていける可能性が上がるかもしれません。

 

表情や服装などを少し変えて撮影しておくと、より使い分けができていいのではないでしょうか。


もし仲人の人に写真を渡せるのであれば、スナップ写真のようなものも渡しておくといいでしょう。

 

かしこまった雰囲気の写真もお見合い写真としては必要ですが、普段の楽しい雰囲気などの写真も送ることで会う前に人柄が伝わり好感度をアップさせることに繋がると考えられます。

 

色々なタイプの写真をお見合いをする時には用意しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加