意気投合したら次に会う約束をする

スポンサーリンク

お見合いは、あくまでもその後に続くかどうかの判断をする第一日目。

 

ここは全ての始まりであり、決して終わりではないと心得ておきましょう。

 

お見合い初日を上手くこなせば、それはそれで喜ばしいことです。

 

しかし、ただスタートしたに過ぎず、これからも相手とのお付き合いが続いていくことになるはずです。

 

その為の用意もしっかりと行いお見合い初日を終わらせるようにしてください。


もし相手を気に入れば、そして相手も気に入ってくれたようでしたら次に会う約束をしてしまいましょう。

 

お見合いの方法によっては仲介してくれる人がいて、その人を通して連絡を取り合い次に会う約束をすることになる場合もあります。

 

ですが、もし個人の裁量に任されるようなお見合いであるならば、できればその場で次の約束を切り出した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

男性が次に会う約束を率先して行ってください。

 

その場で女性に『考えさせてください』などと返事を保留される場合もあるかもしれません。

 

しかし、それを恐れていては次のデートは果たせません。

 

少なくとも男性が女性を気に入ったのであれば、お見合い初日の別れ際にでも次に会う約束をして欲しい旨を伝えましょう。

 

もちろん女性から提案しても良いと思います。

 

女性からそういった申し出があって、嫌な思いをする男性は限りなくゼロに近いですから、女性から次に会う約束を促しても大丈夫でしょう。


お見合いでは、付き合いを未来へ繋げることが最大の目的になります。

 

ということは次に会う約束をしなければ未来へと繋げることができず、そこで全てが終わってしまうこともあるのです。

 

勇気がいりますが、気に入った相手を逃さない為に、そして相手のことをもっと良く知る為にも次に会う約束をするようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加